犬の白内障の種類について

犬の白内障の種類について

スポンサードリンク

 犬も人間と同様に、白内障にかかるリスクがあります。病気の早期発見・治療のためにも動物病院での定期健診を受けさせましょう。

 

 白内障は目のレンズの役割をしている本来は透明の水晶体が徐々に白く濁り視界が悪くなっていきます。

 

 犬の白内障は先天性・若年性・加齢性白内障に分けられます。

 

 先天性白内障は母犬のおなかの中で発症が始まっているといわれ、生後2か月くらいから症状がみられます。

 

 若年性白内障は生後6か月から1歳くらいまでに発症するといわれます。片方の目から発症し、徐々に両目に症状が広がる場合もあります。

 

 若年性白内障は犬種の遺伝だけではなく環境や栄養状態も関係あるのではといわれていますが、詳しいことはわかっていません。

 

 加齢性白内障は加齢とともに発症します。早ければ5~6歳ころから発症することがあり、こちらもはっきりとした原因はわかっていません。年齢が若いほうが白内障の進行が早いといわれています。

 

 また糖尿病の発症により白内障を併発することがあります。ほかにブドウ膜炎や緑内障などの眼の病気や、目の外傷により白内障を発症するなど原因はさまざまあります。

 

 犬は症状を訴えることができないので、飼い主が早めに気づいてあげることが大切です。

犬の白内障の種類について記事一覧

白内障になりやすい犬種について

 犬の眼は薄暗い中でもたくさんの光を摂り入れることができます。人間の眼に比べ犬の水晶体は大きくピントをあわせづらいため、視力はあまりよくないといわれています。 また人間のように犬種によっては白内障になりやすい動物です。犬の眼に異常を感じたら、かかりつけの動物病院で診断してもらってください。 犬の白内...

≫続きを読む

 

犬の病気に関する情報サイト

スポンサードリンク