緑内障になりやすい犬種について

緑内障になりやすい犬種について

スポンサードリンク

 緑内障は毛様体で産生された房水が排出されないため眼内圧が上昇し、視神経が圧迫され視覚障害を起こす疾患です。眼が充血し、痛みを伴うため頭を触られることをいやがる、眼をこするなどします。悪化すると失明するため、早期発見・早期治療が大切です。

 

 緑内障は原発性と続発性に分けられます。

 

 原発性緑内障は遺伝性要因が関係していると考えられます。かかりやすい犬種はビーグル、ミニチュアダックス、アメリカンコッカースパニエル、柴犬、シーズーなどです。

 

 続発性緑内障は他の眼疾患の二次疾患です。ぶどう膜炎や水晶体脱臼、潰瘍などが原因となりやすく、房水の排水路がふさがれるため眼圧が上昇し緑内障を発症します。

 

 緑内障にかかりやすい犬種の場合は他の眼病でもみられる結膜炎の症状でも医師の診断をうけ眼圧検査を受けさせてください。

 

 原発性緑内障は両目に発症するので、正常眼にも予防的治療をするとことで発症を遅らせることができます。また続発性緑内障の原因となる眼の疾患は、完治するまで治療を続けることで発症を防ぐことができるでしょう。

 

 初期段階では変化の兆しが見えづらく、飼い主が気が付いた時には重症の場合が少なくありません。

 

 どんな犬でも緑内障になる可能性があります。高齢期になったら定期的に医師の検査をうけましょう。

犬の病気に関する情報サイト

スポンサードリンク

緑内障になりやすい犬種について関連ページ

緑内障の原因
緑内障は先天性や遺伝性が原因の原発性緑内障と他の疾患が原因の続発性緑内障に分けられます。このサイトでは、犬の緑内障の原因について記載しています。