犬の緑内障の予防について

犬の緑内障の予防について

スポンサードリンク

 緑内障は人間と同様犬も発症する可能性がある眼の病気です。人は自覚症状を伝えることができますが犬は伝えることができません。ですから普段から飼い犬とのアイコンタクトを心掛けていると、眼の異常に気づきやすいでしょう。

 

 緑内障は遺伝性の原発性緑内障と続発性緑内障があり、続発性緑内障は結膜や角膜の炎症が眼球内にまで広がる、眼球をぶつけた、潰瘍などが原因で発症する場合があります。

 

 白眼や結膜の充血、目やにや涙が多いなどの症状があれば早めに受診してください。

 

 続発性緑内障を防ぐには、眼に異常をみつけたら早期に治療することで緑内障のリスクを減らすことができます。

 

 初期の眼圧上昇のときは自覚症状があまりなく普段通りの行動をします。病状の進行が進むと眼に痛みがあるのか眼をしょぼしょぼさせたり、眼が充血し涙の量が増えたりします。

 

 強い痛みのため頭を撫でられることをいやがり、食欲がなく元気がなくなります。視力が下がる、視野が狭くなるという症状があっても、普通に生活しているため飼い主の気づきにくいものです。

 

 そのため発見が遅れることが少なくありません。

 

 緑内障の具体的な予防法はまだみつかっていません。ですが早期発見することにより病状の進行を抑えられる場合があります。

犬の病気に関する情報サイト

スポンサードリンク

犬の緑内障の予防について関連ページ

緑内障の目薬について
緑内障の目薬は、房水の産生を抑えるものと房水の排出を促すものがあります。このサイトでは、犬の緑内障の目薬について記載しています