犬の乾性角膜炎ってどんな症状・対策

犬の乾性角膜炎症状

スポンサードリンク

 犬の乾性角膜炎、これはドライアイのことです。何かの原因で目が乾くことによって角膜と結膜に炎症を起こしているのが特徴です。涙の分泌量が減ってしまうことから目の表面がしだいに乾いてしまって角膜と、結膜に炎症が起きたのでしょう。一時的に乾性結膜炎になるというケースもありますが、慢性的に発症してしまうこともあり、軽い結膜炎、角膜炎に良く似た症状が現れます。

 

 慢性的になっている場合の原因は涙腺異常による涙の不足でしょう。ですから軽く結膜炎、角膜炎に似た症状が持続されるのです。そしてこの状態が長引けば角膜は透明度をだんだん失い、結膜が赤くはれ上がっていきます。

 

 そしてさらに状態は悪くなれば角膜は広範囲で黒味が出てきて結膜から出血を伴うよう担ってしまいます。その結果目やにも大量にでて、これで放置していれば角膜に穴が開くこともあるので注意しましょう。

乾性角膜炎の原因

 原因がなんなのか、それははっきりはわかりませんが涙腺異常である可能性もありますし、ウイルスに感染した可能性、老化によるものなどもあります。

 

 犬の乾性角膜炎の治療法は、対症療法になりますが人工涙液を点眼して保護する、軟膏を塗るなどの方法で治療をしていくことになります。

犬の病気に関する情報サイト

スポンサードリンク