犬の目の病気はどんな種類があるの?

眼の病気の種類や異常を見分ける方法

スポンサードリンク

 犬の目の病気はどんな種類があるのでしょうか。犬の目は人間とは違い地面にとても近い場所にありますので、砂埃、細かいほこりなどもめに入ってしまう可能性があるのです。

 

 ですから人間に比べると眼の病気になりやすいとされています。眼の病気の種類や異常を見分ける方法として目やにがあります。

 

 目やにが出ている原因、それはだいたい角膜に傷がついている、炎症が起きていることが原因です。

愛犬の目のしぐさに気をかけてあげましょう

 やたらと目を気にしている場合には結膜炎やアレルギー関連の目の病気になっていることもあります。瞬きが異常に多いなら緑内障やブドウ膜炎を起こしていることもありますので注意しましょう。

 

 そしていつもよりも明らかに目やにの量が多いなら、角膜炎といった視力障害を起こしていることもあるかもしれません。

 

 目やにの状態をみてどろどろしている、頻繁に出ているかどうか、乾いているのか湿っているのかによっても犬の目の病気の種類というのは違いがあります。緑内障や流涙症、網膜剥離、まつげ異常症などもあります。

 

 毎日犬の顔を観察して目の状態をチェックしてあげることも大切です。目やにの量が多いなと思ったり犬が目を気にしているようであれば、早めに診察に連れて行ってあげましょう。

犬の目の病気はどんな種類があるの?記事一覧

犬の乾性角膜炎ってどんな症状・対策

 犬の乾性角膜炎、これはドライアイのことです。何かの原因で目が乾くことによって角膜と結膜に炎症を起こしているのが特徴です。涙の分泌量が減ってしまうことから目の表面がしだいに乾いてしまって角膜と、結膜に炎症が起きたのでしょう。一時的に乾性結膜炎になるというケースもありますが、慢性的に発症してしまうこと...

≫続きを読む

 

犬の病気に関する情報サイト

スポンサードリンク