犬の白内障の対策を目薬で

アメリカでは特許承認の目薬も

スポンサードリンク

 犬の白内障で目薬が処方されることもありますが、基本的にこの目薬というのは治療をして根本的に直すということではなくて、犬の白内障の進行を遅らせるための目薬です。

 

 愛犬が白内障になってしまったら手術しか治療法がないとされていましたが、犬の白内障を目薬を使って治療ると言う方法もアメリカでは特許承認されて、とても手軽で安全性も高いので、特許目薬療法で直す犬も増えていくと考えられています。

 

 これは進行を遅らせるだけでなく治療もできるといわれている目薬なのですが非加水分解カルノシン点眼薬、これは2010年の9月にアメリカで人間と犬の白内障に効果があるとして承認された目薬です。

犬の白内障治療にとても効果的な目薬

 人間の白内障は手術をして治療をするのが一番安全ですが、犬の白内障は手術は危険性も高まるので、手術の代わりに効果があるとして期待されてます。

 

 犬の白内障にこの目薬を使えば進行を遅らせるこれまでの目薬ではなくて、根本から治療ができるということですので、愛犬の白内障治療にとても効果的です。

 

 ネットでも手軽に購入できるサイトもあるようですがその場合には犬用の非加水分解カルノシンで検索をしてみるといいでしょう。手術を受けるのが不安な人にぴったりです。

犬の病気に関する情報サイト

スポンサードリンク

犬の白内障の対策を目薬で関連ページ

犬のサプリメント
犬の白内障サプリメントが販売されています。犬の白内障は目の水晶体が白くにごる病気ですが光が網膜に達しませんので眼が見えにくくなります。